Laugardalslang, Grafarvogslang, Arbaejarlang, Breithholtslang, Reykyavic, Iceland : heavenly-spring.com

HOME |  SITE MAP | CONTACT

Laugardalslang, Grafarvogslang, Arbaejarlang, Breithholtslang, Reykyavic, Iceland : heavenly-spring.com

Laugardalslang, Grafarvogslang, Arbaejarlang, Breithholtslang, Reykyavic, Iceland

Laugardalslang, Grafarvogslang, Arbaejarlang, Breithholtslang, Reykyavic, Iceland
イギリスの北西、グリーンランドの南東にある島国アイスランド。その首都、レイキャビクは島の南西端にあり、オーロラや地質観測だけでなく、温泉と地熱の町としても知られています。
市内の暖房・給湯システムは地熱の熱エネルギーのみで維持されているほどの地熱地帯、通常の家やホテルでもシャワーのお湯が全て温泉だったりするすごい町なのです。
そんな温泉の町レイキャビク市内には、7つの温泉施設があり、Laugardalslangはその中で最大の施設です。

★★★
★★☆
★★★
★★★

Sundlaugavegur 30, 104 Rvk レイキャビクのYH横にあって、センタ-からは5番のバスで15分ほど。
(+335) 553-4039
URL :  http://www.spacity.is
入浴料金 :  230ISK (≒450yen)
行き方: 町の中心から3kmほど東にあり、中心部から歩いて30分ほど。もしくは中央バス乗場から14番に乗って10分ほどです。
市内には温泉を利用した施設が7つあり、その中で一番大きいのがここ、センターからは少し離れていますが、YHの隣にあるので、バックパッカーにはとっても便利です。
施設内には大きな50mプールを中心に、4段階の温度のホットポット(温泉ジャグジー)、スチームサウナ、子供用プールが3つありました。
今はどれも露天ですが、現在インドアの大きなプールを建設中でした(2004年2月時点)。
まず、受付でお金を払って入場。ロッカールームはこんな感じです。

ロッカーには頭や脇、足なんかをちゃんと洗ってね、という張り紙がしてありました。
まず男女別のロッカーで裸になって、横にあるシャワールームで体を洗います。白人が普通に裸でうろうろしているのを見るのは、なんとも不思議な感じです。
で、シャワー内で水着を着て、いざプールへ向かいます。
温泉プールでは皆さん真剣に泳いでいるので、私は横のホットポットへ。
いくつかあるポット(温かい浴槽)のうち1つだけジェットが出ていて大人気、おじさんおばさんの井戸端会議の場所になっていました。日本人が珍しいのか、話しかけてくる陽気なおばあさんがいたり、なんともほのぼのスポットです。

左写真 : 50mプールの右側は、遊び用プールコーナーで、スライダーあり、子供プールありで、客層が全く違うのが面白かったです。(50mプール以左はお年寄りばかり、右側は家族やカップルだらけ)
また、観客席棟の下にあるスチームサウナは、日本に比べて温度が高く、硫黄の香りがぷんぷんでとても気持ちよかったです。
これが全体のフロアプラン、上の方の緑のところの上に、インドア施設を作っていました。

以上、気軽に楽しめ、地元のおじちゃんおばちゃんと和めるのどかな日帰り温泉は、レクレーション公園の中にあるので他のスポーツと一緒に楽しむのもよし、ふらっとお風呂替りに使うもよし。物価の高いアイスランドにしてはお手軽金額なので、旅の途中に立ち寄り湯してみるのもいいのでは、と思います。 <2004.2>


Laugardalslang, Grafarvogslang, Arbaejarlang, Breithholtslang, Reykyavic, Iceland

Laugardalslang, Grafarvogslang, Arbaejarlang, Breithholtslang, Reykyavic, Iceland
イギリスの北西、グリーンランドの南東にある島国アイスランド。その首都、レイキャビクは島の南西端にあり、オーロラや地質観測だけでなく、温泉と地熱の町としても知られています。
市内の暖房・給湯システムは地熱の熱エネルギーのみで維持されているほどの地熱地帯、通常の家やホテルでもシャワーのお湯が全て温泉だったりするすごい町なのです。
そんな温泉の町レイキャビク市内には、7つの温泉施設があり、Grafarvogslaugはその中で一番新しい施設です。

★★☆
★★
★★★☆
★★★☆
★☆

Dalhus 2, 112 Rvk.
(+354) 510-4600
URL :  http://www.spacity.is
入浴料金 :  230ISK (≒450yen)
行き方: 市内バスの15,8,14,115番でGragardalslaug下車です。
一番新しい施設なので、温室プールがあって、全体的にきれい、雰囲気がなかなかよかったです。
写真は幼稚園の水泳の授業をやっている様子。温泉プールを巡っていると、幼稚園や小学校低学年などの授業をよく見かけます。
アイスランドでは、泳げないと小学校を卒業できないそうで、みんな泳ぎが上手。まだ歩けないような赤ちゃんも、浮き腕輪をつけて泳がせている(足がつかない深さなので立ち泳ぎ)親子もよく見かけます。
全体的には他施設と同様に、屋内プールと屋外の温泉プール、温泉の蒸気によるスチームサウナがあります。きれいな地元のプールといった感じでのんびり出来ました。

写真: 着替え室の様子
ヨーロッパではハンガーに網の袋がかかった小物入れがよく使われています。これに全部着替えや持ち物をかけてロッカーにしまいます。とっても便利です。


Laugardalslang, Grafarvogslang, Arbaejarlang, Breithholtslang, Reykyavic, Iceland

Laugardalslang, Grafarvogslang, Arbaejarlang, Breithholtslang, Reykyavic, Iceland
SpaCityと名乗る地熱の町レイキャビクにある7つの温泉プールの中で、Arbaejarlaugは比較的郊外にあって大きめ温泉施設です。
基本的には、他施設と同じく、屋外と屋内の温泉プール、サウナなどがある定番日帰り施設ですが、ドーム状の温室風のプールがあって、個人的にお気に入りの施設です。他の施設は、ほとんどが街中にあるので、ここのちょっと町から離れた感、眺めのよさがとても個人的にはいいと思いました。

★★★
★★
★★★☆
★★★☆
★☆

Fylkisvegur, 110 Rvk,
(+354) 510-7600
URL :  http://www.spacity.is
入浴料金 :  230ISK (≒450yen)
行き方: 市内バスの7,10か110番が通っています。
Arbaejarlaugの外観
バス停から坂を少し下った、住宅街からちょっと離れた所にある施設、温室ドームが目印です。

施設内には、屋外の水泳用のプールがあって、その横に温かいジャグジーや子供用プール(ウォータースライダーなどもあり)、HotPot(ジャグジー)が3個とスチームサウナがあります。
一番温かい浴槽は42度くらいなのですが、やはり熱いのか誰も入っておらず、1人でゆうゆうと独占できました。眺めもいいし、のんびりいい湯です。

ちなみに、ここに行った日は台風のような大雨強風だったのに、みんな普通に泳いでいてすごいと思いました(アイスランドのお天気は地形と同様かなりワイルド、急に大雨が降ったりやんだりするので慣れてしまっているのかもしれません、また水泳教育も比較的盛んなようでした)。
外にはスライダーがあって、子供たちが遊んでいました(公園にすべり台があるのと同じ感覚なのか、大体どこのプールにもスライダーがついています)。
フロアプランは左のようになっています。
建物内の左右に、男女別の脱衣ロッカーがあって、中央に屋内プール、そしてその外(左下の灰色のエリア)が屋外プールエリアで、沢山のプールがあります。
ドーム内は内湯というか内プール、ほどよく温かかったです。(写真上左)

以上、郊外のきれいな施設は、開放感もあって7つのプールの中ではお勧めできると思いました。)


Laugardalslang, Grafarvogslang, Arbaejarlang, Breithholtslang, Reykyavic, Iceland

Laugardalslang, Grafarvogslang, Arbaejarlang, Breithholtslang, Reykyavic, Iceland
Breithholtslaugは、SpaCityと名乗る地熱の町レイキャビクにある7つの温泉プールの中のひとつ。住宅街の中にあり、地元の人の憩いの場になっています。
施設内には、他施設同様、屋内と屋外の温泉プールと温泉蒸気利用のスチームサウナ、ホットポットがありますが、メインプールが通常の水泳競技用のプールで、どちらかというと癒しの施設というよりは、スポーツ施設といった雰囲気になっています。

★★
★★
★★★
★★★
★☆

Austurberg 3, 111 Rvk.
(+354) 567-0781
URL :  http://www.spacity.is
入浴料金 :  230ISK (≒450yen)
行き方: 市内バスの8,12か112番が通っています。
この施設は、大きな室内プールがありました。とはいえ、なんとなく暗くてあまり人気がない様子で(多分学校の授業などで使う事をメインとして作られているようです)室内はがらがら。やっぱり露天プールが人気で、相変わらず大雨が降ってもみんな外で泳いでいました。

ここのホットポット(温かい丸い浴槽)は眺めがいまいち。サウナも特に他の施設と変わりなく、あまり特徴のない施設でした。
がらがらの屋内プール
基本的に、冷たいプールは温泉水じゃないようです。かわいらしいタイル絵など、小学校のプールのよう。きっとここで授業したりするんでしょう。
屋外のホットポットも、それなりに温かいのですが、ちょっと味気ない雰囲気、硫黄臭などもしなかったので、個人的には他施設をお勧めしたいと思いました。