Blue Lagoon Iceland : heavenly-spring.com

HOME |  SITE MAP | CONTACT

Blue Lagoon Iceland : heavenly-spring.com

Blue Lagoon Iceland

Blue Lagoon Iceland
アイスランド一の観光スポット、BlueLagoonは、溶岩地形の中に浮かぶように現れる青白い温泉です。
レイキャビクを出て、LavaFieldとよばれる溶岩地形が荒涼と広がる道をひたすら30分走ると、いきなり青白い池が見えてきます。
アイスランドの大地は地球上ではとても新しく、できたばかりの地形なのでまだ土というものが形成されておらず、植物が生えないんだそうです(地球の年齢を24時間に計算すると、アイスランドは23時55分に出来たばかりなんだそう)。ごつごつの黒い岩だらけなので、水色の池がとっても引立ちます。まるで絵の具を溶いたような水色をしています。

★★★★★
★★★★☆
★★★★★
★★★★☆
★★★★
240 Grindavik
+354 420 8800
URL :  http://www.bluelagoon.com/
入浴料金 :  1200ISK (≒2400yen)
アクセス: レイキャビク空港から車で30分弱、レイキャビク市街地からは45分ほどの場所にあります。空港からの観光ツアーも沢山あり便利です。
1. 2.
1: 長閑なレイキャビクの市街地、町の中央には大きな池と白鳥や鴨、オフィスビルでなく住宅が。
   一国の首都なのに、地方の湖に来たような気の抜けるようなのどか感があります。
2: これがブルーラグーン。市街地から1時間もしないで着ける観光一番人気スポットです。
ブルーラグーンの駐車場でおりて、鬼押出しのような溶岩の間の小道を行くと、新しい施設の建物が見えてきます。受付をして、ロッカーで水着に着替え、シャワーを浴びて、さてプールに向かいます。
近代的な明るいスパ風の建物には、ショップ、クリニックやホテルもあり、レストランは大きく開けた窓からブルーラグーンを一望できる開放的な造りです。
←は内湯(というか、外に出るためのほんの入り口の湯だまり)、真っ白な石灰水っぽいお湯で、ここから外への出口がありました。ここだけでもへたな施設のお風呂ほどの大きさです。

外に広がる青白濁のプ-ル、写真で見たとおりの広さ、青さで感動です。
ある程度は温度調節をしているのでしょうが、やはり自然に湧き出しているので、熱い部分や冷たい部分もあります。が、全体的に38度位にたもたれていて快適です。
夏はもっとぬるいそうで、ブルーラグーン3回目の友人は冬の方が気持ちいいとのことでした。
家族連れが多くほほえましい光景がみられました。あとは時間によってはツアーの団体がくるので(午前10時頃、夕方5時頃)、着替え室が異様に混みますが、プール自体は大きいので混むことはありません。 
写真右はプール脇の拡大。
石灰成分がきれいなひだひだを作っています。
肌にいいという、白い泥パック。つぼのような所に貯めてあるのをスプ-ンですくって塗ります。また、プ-ルの底にも灰色の泥が自然にたまっていて、それをぬっている人もいました。

自然のプールはあまりの白濁のため、もちろん自分の足は見えないのですが、底は急に深くなったり(一番深い所で130㎝ほど)、岩がごつごつしていたり、泥でぬるぬるしていたり、お年寄りや子供には向いていない様子。
そういう理由でか、新しく木でちゃんと作られた浴槽のあるゾーンにやたら人が集まっていました。新しいゾーンには、サウナ・スチームサウナ・打たせ湯(滝のようでかなり強力)がありました。
3. 4.
3: 白い泥を塗ってご満悦、特に刺激はないなめらかな泥でした。
4: 近くには、地熱発電所があります。新しい大地にはまだ若い強い地の力があふれています。
最後に、服を着てから横の丘の展望台に登ってみました。
昔は、すぐ横に発電プラントがあって、雰囲気がいまいちだったと聞いたことがありましたが、新しく改装されてからは、プラントも見えず、とにかくいい雰囲気です。

やはりアイスランドいち有名な観光地だけあって、とにかく素晴らしいの一言に尽きます。お湯は青白く十分温かく、やたら広く、まわりの景色もアイスランド特有のラバフィールド(溶岩地形)で独特の雰囲気があります。
閉店時刻(8時)までいれば冬なら十分暗いので、運がよければオーロラが見えるそうですが、あまり頻繁に見えるわけではないらしく、私は残念ながら5日間でかすかに薄い物しか見れませんでした。
でも、何しろこれだけ温かく(東京と変わらない気温)オーロラの見れる国はないので、オーロラを寒い思いをせず見たい人にはお勧めなポイントだと思います。
アイスランドはちょっと遠くて(イギリス乗換えで1時間ちょっと)、物価も恐ろしく高くて(ポテトチップ500円、市内バス初乗り360円位)、色々と行きにくい国ではありますが、独特の地形や壮大な自然の姿は見る価値は十分ある素晴らしい国でした。温泉も色々あり、冬は行けない所も多かったので、また行きたいとつくづく思っています。 <2004.3>