HOME | SITE MAP | CONTACT

温泉コラム : heavenly-spring.com

関東以北の温泉

東海以南の温泉

南北アメリカの温泉

アジアの温泉

ヨーロッパの温泉

タイプ別・お勧め温泉

癒し処を探す

温泉コラム&トリビア

サイトについて

温泉コラム
温泉についてがふと思ったことや、調べたこと、
温泉の雑学などなどをつれづれと綴ったコラム集。
過去のコラム、バックナンバーはページ下へ。
NO.9: 各国の温泉事情 ペルー編
==============================
こんにちは、自称温泉人の春山ゆかりです。
最近急に暖かい日がふえてきて、桜が気になる季節になりましたね。
と書きましたが、実は今南半球に住んでいるので今は晩夏
やっと涼しい日がふえてきたな~なんて所だったりします。
去年の年末にペルーに引越してきたのですが、
さっそく調べたペルーの温泉事情について書いてみたいと思います。



◆◆◆◆◆

まず、温泉とはなにか、ということから話は始まります。
温泉とは、地下から湧き出した湯のことだと
大概の人は考えていると思いますが、
実際、日本の法(温泉法)では、温泉は水蒸気やガスなども含んでいるし、
温かくなくても、一定の成分を含んでいる泉や、 動力で無理やり汲み上げたものも温泉になってしまいます。

温泉法は昭和23年のもの、多少改正されたとはいえ、
自然湧出して一定の温度以上、などという海外の温泉の定義より
随分ゆるい法律になっています。
それ故に、都会や住宅地の真ん中やどこにいっても
日本中に温泉施設ができてしまうわけで、
そこらへん、個人的にはどうなの?と強く思う部分なのですが
本の内容からずれてしまうので、それはまた今度にしましょう。

さて、本は続いて、温泉はなぜ温かいか、水分や成分はどこからくるのか、
地獄や間欠泉などの説明や、温泉地にすむ動植物、
温泉によって出来る鉱物などの簡単な説明が続きます。

ここでへぇ~と思ったのが、
温泉現象に関する、国の天然記念物が10件もあるということ。
玉川温泉にある北投石がそうだとは割と知られているものの、
石以外にも色々あったんですね!
(岩間の噴泉塔、夏油温泉の石灰華など)

続いて、温泉の成分、泉質について
各泉質ごとの有名温泉地をあげながら、
その定義を紹介しています。
それから、温泉開発の歴史や状況、温泉の利用法について、
体に対する作用などをさらっとした説明が続きます。

最後には、温泉文化や日本と海外の温泉利用状況についてと
内容てんこもりのこの本。
地学(生成)、化学(成分)、物理(熱学)、生物、社会、歴史など、
色々な範囲にまたがる温泉学を
たった120ページにおさめた、まさに入門書といった感じは
とりあえず軽い温泉知識をいれておきたい、
なんて状況(どんな状況だ?)にはぴったりの一冊です。

ある特定の疑問について調べたい場合、
正直ほんの数行しか説明がないことが多いですが
巻末の付表や参考文献が役に立ちます。
あくまで、これは奥深い温泉界の入口、
表面の地図の目次にしかすぎないのです。

とはいえ、へえ~というトリビアがちらほらあったので
そんなうちのいくつかをご紹介して、
非常に簡単な、本紹介を終わりにしたいと思います。

◆温泉が作る宝石◆
温泉成分が析出すると、湯の花やもっと大きくなって鉱物になると
きれいな石材や宝石になることも!

石灰華(トラバーチン)は、乳白色のきれいな層が美しい建材になるし
珪酸が含まれる温泉の沈殿物、珪華ですが、
粒状のオパールが集まったようなきらきらの石を作ることがあるそうです。
確かにオパールは酸化鉱物(ケイ酸鉱物)で、主に
火成岩または堆積岩のすき間に、珪酸分を含んだ熱水が充填することでできるので
条件的に温泉がぴったりの宝石だったのですね。


◆アクセサリー磨きも温泉で◆
よく硫黄泉についうっかりアクセサリー(銀)をつけたまま入ると
真っ黒に変色してしまうことがありますが、
変色したシルバーを元に戻せる温泉もあります。

高校で暗記させられる、イオン化傾向を思い出してください。
「金貸そうかな?まあ、あてにすんな。ひどすぎる借金」って覚えたやつですが
語呂のもとは、K Ca Na Mg Al Zn Fe Ni Sn Pb H2 Cu Hg Ag Pt Auとなっていて
Ag(銀)よりイオン化しやすくて、温泉によく含まれるのがFe(鉄分)です。
なので、まだ酸化していない新鮮な鉄泉につけると
硫化銀になっていた銀がもとどおり、ぴっかぴかに。
もちろん、日常的に変色した銀製品も鉄泉できれいになります。
これは便利!
今度から、鉄の含まれる温泉に行く時は、家からありとあらゆる
銀製品を持っていこう、なんて思ってしまいました。


◆◆◆◆◆

温泉学入門―温泉への誘い
2007年6月20日 第2刷発行
著者 日本温泉科学会 編
発行 コロナ社
定価 1200円+税






◆過去のコラム
No.1 極楽温泉とは「愛」 -極楽温泉とは何なのか?
No.2 世界の温泉マーク 湯気のマークは世界共通?
No.3 温泉本紹介 『温泉地再生』 
No.4 スパメニューの基礎知識 マッサージ用語入門
No.5 本紹介『お風呂の歴史』 ヨーロッパのお風呂の歴史を要約
No.6 空から道から施設をのぞき見、GoogleMapで温泉巡り
No.7 温泉地のゆるキャラで癒されてみる? 
No.8 温泉本紹介 『温泉学入門』 
コンタクト
このコラムについての感想、温泉情報などお問い合わせはこちらへ。