行義路温泉の日帰り温泉 : heavenly-spring.com

HOME |  SITE MAP | CONTACT

行義路温泉 : heavenly-spring.com

行義路温泉

行義路温泉
台北の北、陽明山の手前にある温泉ストリート、行義路温泉は、温泉レストランという独特な形式の施設が並ぶ山の中の温泉街です。(本によっては北投温泉の一部と紹介されることもあります)
メトロの石牌駅前からバスに乗って「行義路(三)」で下車、そこから徒歩圏内に沢山の施設が点在しています。バスを降りて、そのままバス通りの坂を登っていくと、温泉街に入る分岐があるのでそこを右に入ると、拓けた駐車場の広場があり、そこから通り沿いに施設が並んでいます。一番手前が伊豆温泉会館、その横に集客、湯瀬などがあり、もう少し奥に行くと、崖下の川沿いにも川湯など数軒の施設が並んでいます。

未評価
=
=
=
=
台北市北投區行義路
各施設の詳細は文章内に紹介
入浴料金 :  200元前後
行き方
台北駅からMRT(地下鉄)赤い淡水線(もしくは新店線・中和線)の石牌駅へ、駅前のバス停から508、535、536系バスで「行義路(三)」で下車、そこから徒歩5~15分ほどです。
■湯瀬
場所: 行義路の横道を入ったらすぐ見えます
TEL: 02-2876-0888
URL: http://www.yuse-spa.com.tw/
日本風の新しい建物が人気の日帰り施設で、男女別の大浴場は200元、貸切湯も200元です。
露天風呂はなくても、↓の内湯は半露天、眺めがよいようです。他サウナや打たせ湯もありますが、タオルは有料になります(100元)。
食堂も雰囲気よく、センスのよいきれいな施設なので、女性にお勧めだと思います。
ちなみに和風で一番人気の川湯の姉妹店です。

写真下段の左は入口、右は大浴場の様子です。
大規模施設ではないですが、シンプル、コンパクトにまとまったよい施設だと思います。

■集客
場所: 伊豆温泉会館と湯瀬の間にあります
TEL: 02-2874-0909
URL: http://www.compei.com/jike/
地球の歩き方にも載っている温泉レストラン。
温泉は、大浴場が200元、貸切風呂は40分200元です。ここも400元食事をすると無料入浴券がもらえます。
洞窟風の温泉は魅力的ですが、周りの他の施設に比べると、露天もないし、見た目ちょっと貧弱な感じはしました。白い濁り湯、硫黄泉です。

■皇池温泉御膳館
場所: 行義路の奥、崖下の川沿い、川湯の手前にあります
TEL: 02-2862-3688
URL: なし
きれいで充実の施設がうれしい奥の方に建つ温泉レストランです。
男女別の大浴場は200元ですが、貸切は500元(40分)で24時間やっています。もちろん白濁の硫黄泉、サウナやジャグジー、マッサージもるそうです。
↓施設横に出ていた看板です。

■湯慮
場所: 崖下川沿い、皇池温泉御膳館の隣です
TEL: 02-2862-6633
URL: http://www.yuya-spa.com.tw/
和風岩風呂が人気の施設、大浴場は200元、貸切湯は大きさや設備によって200~750元まであります。
きれいな白濁湯で、ここも行ってみたい施設のひとつです。

これまた施設横にでていた看板↓

■御の湯
場所: 伊豆温泉会館の隣です
TEL: 02-2874-3869
URL: なし
貸切風呂の種類が多い丘の上の施設、男女別の大浴場は200元、貸切湯は大きさや設備によって200~400元まであります。

きれいな白濁湯ですが、露天風呂がひとつで小さいのが個人的には残念。
貸切風呂メインの施設だと思います。

■紗帽谷温泉
場所: 崖の下、湯慮の隣です
TEL: 02-2862-6199
URL: http://www.samaovalley.com.tw/
やや高級?な雰囲気がうりの施設で、男女別大浴場は250元と他施設より少し高め。
貸切風呂は250元~900元のVIP池なんてのもあります。
写真右は女性用露天風呂、男性用は岩風呂っぽい感じになっているようです。

24時間やっていて、リゾート風、露天はプールのような感じです。サウナや足湯もあるようです。
また、設備に「音楽」とあるのは、カラオケのことでしょうか?気になります。


■山之林温泉
場所: 行義路(四)にどちらかというと近い、紗帽谷から坂を上がった所にあります
TEL: 02-2872-4598
URL: なし
崖下の施設から、バス通りにあがる途中にある温泉レストランです。
どちらかというと、眺望のよいレストランの方がメインの施設だと思います。 ここだけ一軒他の施設と離れているので、眺めがよいです。

大浴場、貸切湯とも200元で24時間やっています。
お湯は、他施設同様、白硫礦と呼ばれる、白濁の硫黄泉です。


まだまだ他にも温泉施設はいくつかあります。
また新しい施設も出来ていると思うので、再訪した際に更新したいともいます。  <2005.7>